本文へスキップ

審査に自信がない人は基準の甘い消費者金融がおススメ

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します

消費者金融の審査に通る自信がない方や、取引をしたことがない方は、審査基準の知識を植え付けてから再チャレンジをすれば、借りれる可能性は高くなります。

貸金業者の審査に通らないのは、必ず何らかの理由が横たわっています。基本的に金融業者は消費者に金銭を貸して、それによって得られる金利によって営業収益をあげている会社です。したがって、貸金業者の本音は、金を貸したい気持ちで一杯であることは間違いありません。

にもかかわらず、お金を貸さないというからには、尋常ではない理由があるはずです。そういった理由の中で一番多いのが、返済能力が不足しているとみなされる場合です。これは収入の中でどれだけ自由に使えるお金があるのか重要なポイントで、いくら収入が多くても支払い額が多く占めているようでは信用は得られませんし、逆に収入が少なくても他への支払いが少ない方は自由に使えるお金が多いということで、信用が高くなります。

審査に通るタイプの人

消費者金融にとってお金を貸したいと思う人物像については上記の図表で示しましたが、逆にお金を貸したくないと考えるのはどういった人物像でしょうか?それはまず第一に信用のない人です。貸金業者からお金を借りるという行為は、金銭賃借契約に基づいた金銭の貸し借りの約束事です。その約束事を遵守しない方、あるいは遵守を見込めないような方とは、契約を締結しないことは至極当然のことかと思います。

以下の項目に接触する人は消費者金融の信用が低いタイプに該当します
  • 現在他社から複数の借入をしている
  • 収入に占める支払い額の割合が高い
  • 勤続年数が一年未満
  • 過去に債務整理をしている
  • 支払いの滞納歴が複数回ある

上記の項目においても、他社から複数の借入をしている場合は、貸金業者も要注意人物として警戒をしてきます。消費者金融にとって一番のリスクは、融資金の回収不能ですから、そういった可能性の高い人への審査は当然厳重となってきます。

また、支店のある貸金業者では、支店長決済で融資を焦げ付かせてしまえば、当然支店長の責任問題に発展してしまうことから、リスク回避で審査で落とすことも少なくありません。

審査基準の項目

現在の貸金業界で行われている審査は、大手と中堅業者では若干異なってきます。大手ではネットでの申し込みに対応すべく、各項目にポイントをつけて自動的に審査を行う「スコアリングシステム」が常駐化しています。

借りる側からしてみれば、生命にもかかわる重要な融資の場合があるにもかかわらず、それを機械的に判断されてしまうのですから、たまったものではありません。しかし、審査のスピード化と正確性を追求したことで発展した審査のシステムですから、これも時代の流れだと納得するほかはないでしょう。

スコアリング審査システム

現在他社から借りている件数の合計00借入件数が多ければ信用も低くなります。3件を超えるなら、大手は回避したほうが賢明。

現在他社から借りている金額の合計00借入総額が多ければ信用も低くなります。年収の三分の一を超えたら総量規制のため不可。

信用情報機関のブラック情報に登録00信用情報機関のブラック情報に登録されていれば、即審査は却下となります。

年間に稼いでいる所得の合計金額00多いほうが有利ですが、収入に占める支払い額の比率が最重要視されます。

現在の勤務先の勤続年数00長い方が信用も高くなります。勤続年数が一年未満の方は厳しいと言わざるを得ません。

現在居住している家屋の形態00賃貸住宅よりも、持ち家のほうが信用も高くなるのは当然のことです。

現在居住している家屋の居住年数00賃貸でも居住年数が多ければ、家賃を払っている証拠になりますので信用は高くなります。

家族構成00独身者のほうが自由に使えるキャッシュが多いので、既婚者よりも有利となります。

 

信用情報機関について

消費者金融業者が貸付審査をする際、必ず信用情報機関にアクセスし、個人データを照会することが義務付けられています。個人データには、現在の借入状況が事細かく登録されていますので、現在の借入件数や借入総額などは瞬時に掌握されてしまいます。

また、過去に自己破産や支払いを滞納した経歴も掲載しており、そういったブラック情報は5年か経過しないと削除されないことから、もしも登録されている状態にある人は100%審査に通ることはありません。登録が判明した瞬間に審査は終了となります。

信用情報機関のブラック登録

ブラック登録される理由

かつては、信用情報機関も消費者金融の情報のみを扱っていましたので、返済不能等の理由のみで事故情報を登録していましたが、現在では加盟団体も増えて携帯電話の料金や家賃保証を取り入れている賃貸物件、あるいは大学の奨学金にまで関係が及んでいますので、自分の気が付かないところでブラック登録されていることもあります。

  • 金融業者からお金を借りて、その支払いを焦げ付かせた
  • 金融業者あらお金を借りて、その支払いを滞納した
  • 携帯電話料金に端末の分割料金が含まれている場合、その支払いを滞納
  • 家賃保証会社を介して家賃を支払っている場合、その家賃を滞納
  • 奨学金制度を利用して、その支払いをしていない

 

信用情報機関について

2010年の貸金業法改正以降、国内では3つの指定信用情報機関が内閣府より指名され、消費者金融業界を主体とする日本信用情報機構、銀行業界を主体とする全国銀行個人信用情報センター、信販会社を主体とするシー・アイ・シーが認定を受けてました。その中でも貸金業界とかかわりが深いのが日本信用情報機構です。

日本信用情報機構は、貸金業者とわずかな金額でさえ取引をすれば即記録されることから、膨大なデータを保有しています。そしてそこからはじき出される個人データの精度は年々増しており、大手カードローン業界などは、審査において信用情報機構の個人データが大部分を占めるといわれています。それほど制度が高いということです。

日本信用情報機構 全国銀行個人信用情報センター シー・アイ・シー

前述したように、信用情報機構にブラック登録されれば、たとえ審査基準の甘い消費者金融であっても、ほぼ100%の確率で審査に通ることはありません。かつては、ブラック等の問題有りの人物への融資をやっていた業者(ヤミ金)もいたようですが、現在では規制が厳格化したことでその姿も見られなくなってしまいました。どうしても利用したいと願うのならば、ブラック登録が解除されるまで気長に待つしか方法はありません。

ブラック解除される期間は、自己破産等の債務整理で5年間。滞納による登録では1年間とされています。期間があければ、通常通りの審査を受けることが出来ます。

消費者金融比較

ライン
12/2/19 22:51:34

知っておきたい金融の知識